The Institute of SC Trend

ショッピングセンターでの業種動向を可視化するショップブランドの新たな分類の検討【1】

ショップブランドの新たな分類手法に向けたトライアル分析【1】
0

 

SCトレンド研究所では、2017年12月の活動開始から、四半期SC出退店D.I.、四半期SC出退店ランキングなどの記事や、「ショッピングセンター 出店・退店動向レポート」(18年9月発刊のレポートの紹介はこちら)において、大業種、中業種、小業種という業種分類を用いてショッピングセンター業界における業種の動きを伝えようとしてきました。ところが、昨今、「モノ消費」から「コト消費」へのシフトが進んでいるといわれる中、これまで用いてきた業種分類では、ショッピングセンター業界で起きている事象を十分にお伝えできないと感じることが、少なからずありました。

そこで、SCトレンド研究所では、市場の動きをわかりやすく伝えるための、ショップブランドの分類手法についての検討をスタートしました。

これまでレポート等で利用してきた業種分類は、大業種、中業種、小業種という樹状構造の分類となっています。業種分類はショップブランドが販売する商品を中心に組み立てられた分類となっていることから、商品を販売しない「飲食」や「サービス」といった業種は、最も樹の根に近い大業種レベルで、物品販売とはまったく別の区分として扱われています。
そのため、先に触れた「モノ消費」から「コト消費」へのシフトに伴うサービス業種領域の多様化により、同じ生活行為やシーンに関連するショップブランドが別の大業種に分類されることも多くなっています。例えば食品を例にとると、「内食(家庭内で調理を行って食事を行う形態-Wikipediaから引用)」「外食(飲食店など家庭外で調理された食品を家庭外で食事する形態-Wikipediaから引用)」に対して「中食」が登場したように、「食べる」という行為に関連するものとして、「食品物販」と「飲食」は同じグループであるにも関わらず、従来の業種分類では別の大業種に分類されてしまうということが、わかりやすい一例として挙げられます。

本稿ではこうした背景を踏まえ、従来の業種分類とは異なる視点での、ショップ分類手法とその可視化方法についてトライアル分析した結果を報告しています。

 

新たな分類手法とは

生活者が何に時間と金銭を消費しているかをベースにした区分と「モノ・コト」を掛け合わせる

ここから先は会員限定のコンテンツです。
下の新規登録ボタンから無料でご登録いただけます。
登録の手順はこちら

SNSでフォローする