The Institute of SC Trend

2017年7月~9月期 四半期業種別SC出退店ランキングⅡ(インテリア・寝具・家電、スポーツ・ホビー、食品)

出退店ランキングについて

この出退店ランキングは、対象の四半期中(このレポートでは2017年7月~9月)にSCに出店もしくはSCから退店したブランドについて、出店数と退店数から差引出退店数を算出し、出店ランキングの場合は差引出退店数がプラス側(店舗が増加している)で差引出店数の上位20ブランドを、また、退店ランキングの場合は差引出退店数がマイナス側(店舗が減少している)で差引退店数の上位20ブランドを、一覧表として表示したものです。

なお、対象の四半期の直前の四半期(このレポートの場合は17年4月~6月)についても、この差引出退店数を算出しており、対象四半期の差引出退店数が同数となった場合、前四半期に出店・退店がなくこの四半期にランクインしたブランド、また、出店ランキングの場合は差引出店数の前四半期からの増加(退店ランキングの場合は差引退店数の増加)が大きなブランドを優先して、上位20ブランドとしています。

また、出店ランキング、退店ランキングそれぞれについて前四半期からの推移を以下のルールで記号により表現しています。

出店ランキングの場合

退店ランキングの場合

 

インテリア・寝具・家電_大業種のSC出退店ランキング

大きく店舗数を増やしている“Yogibo”、退店が目立って多いブランドは見られない

2017年7月~9月期のインテリア・寝具・家電_大業種のSC出店ランキングは図表1のとおりとなりました。

最も差引出店数が多かったのは“Yogibo”の差引出店数12店となりました。ただ、その出店と退店の詳細を見ると、2ヶ月から8ヶ月という短期間に出店と退店を行っている例などもあり、常設店舗以外に催事スペースや期間限定ショップを展開していることがわかります。アメリカから日本上陸して3年、通販から人気に火が付き、カラフルで身体にフィットするビーズソファはインスタ映えすることから、「体験してみたい」というニーズに催事対応をしている様子がうかがえます。

また、ランクインしているその他のブランドを見ると、“まくらぼ”、“my makura”、“じぶんまくら”、“nelle”など寝具_小業種、特に「まくら」を扱うブランドが上位に多く見られます。「睡眠負債解消」「日中のパフォーマンスUP」など寝具の役割がメディアに取り上げられることが増え、中高年だけでなく、エグゼクティブや働く女性にも購買層がh拡がり、店舗数が拡大中しています。

一方、退店ランキング(図表2)では、ランクインしたブランドの退店数は最も多い“off&on”でも3店舗で、比較的安定した状況にあります。ただ、小業種で見るとインテリア雑貨_小業種のブランドが多いことから、この小業種の今後の動きに留意しておく必要があります。

 

スポーツ・ホビー_大業種のSC出退店ランキング

出店が進む“おもちゃ屋さんの倉庫”、退店が続く“カメラのキタムラ”

スポーツ・ホビー_大業種のSC出店ランキングは図表3のとおりとなりました。最も差引出店数が多かったのは、“おもちゃ屋さんの倉庫”(差引出店数8店)となりました。独自ルートで仕入れたおもちゃのアウトレットショップです。前四半期にも出店があり、それよりもこの四半期の出店数が伸びていることから、積極的に出店しているブランドであることが推測できます。

2位には“STYLE LEATHER CRAFT”と“SPORTS AUTHORITY”の2ブランドが、差引出店数4店でランクインしていますが、前四半期からの推移を見ると、“STYLE LEATHER CRAFT”は出店を加速させ、“SPORTS AUTHORITY”は出店をスピードダウンさせている可能性があります。

小業種レベルで見ると、スポーツ用品、アウトドア用品、玩具といった小業種が多くなっています。

退店ランキングでは、最も退店数が多かったのは“カメラのキタムラ”(差引退店数10店)となりました。同ブランドの退店については、17年1月頃に「スマートホンの販売規制」「デジカメからスマホへの移行」などにより大量閉店するという報道があり、その余波が続いていると言えます。ただ、前四半期に比べると退店傾向は鈍化していることから、今後、落ち着いてくることも考えられます。

小業種で見ると、出店ランキングで多く見られた玩具小業種が、退店ランキング側でも5ブランドがランクインしています。同じようにアウトドア用品小業種も、退店ランキング側でも3ブランドがランクインしていることから、これらの小業種ではブランドの入れ替わりのようなことが起きている可能性があります。

 

食品_大業種のSC出退店ランキング

出退店の店数バランスが維持されているが、コンビニエンスストア_小業種の今後には要注意

2017年7月~9月期の食品大業種の出店ランキングは図表5のとおりとなりました。また、退店ランキングは図表6のとおりです。

出店ランキングの1位は“La Quiche”(差引出店数4店)、退店ランキングの1位は“Auntie Anne’s”(差引退店数4店)となり、出店・退店ともに安定していることが伺えます。他のブランドの差引出店数、差引退店数を見ても、概ね大業種としての出店と退店の店数バランスは維持されているようです。

ただ、コンビニエンスストア_小業種に着目すると、退店ランキング側の比較的上位に“Bellmart”、“サンクス”、“サークルK”がランクインしています。これらのうち“Bellmart”は兄弟ブランドの“Bellmart Kiosk”が出店ランキング側にランクインしていることから、移転や改装、名称変更などが背景にあることが考えられます。残る2ブランドについては、ファミリーマートへの統一が進んでいますが、一方では不採算店の整理が続いているとの報道もあり、引き続き注視しておく必要があります。

 

集計対象SC

  • 2017年9月末日までにSC GATEに登録されている
  • SC面積が1,500㎡以上である
  • 2016年10月~2017年9月末日の最大テナント数が10テナント未満ではない
  • SCタイプが「駅ナカ」「駅ビル」「地下街」「駅周辺・市街地」「郊外」「超大型施設」「アウトレット」「空港」に分類されている

【本稿はSC GATEの2017年11月更新データを用いて作成しています】
SC GATEとSC GATEのデータについてはこちらをご覧ください

SNSでフォローする