The Institute of SC Trend

出店ランキング3位にランクインした少し珍しい業種のブランドとは - 【サービス大業種四半期SC出退店ランキング】

サービス大業種のSC出退店ランキング - 【2018年1月~3月期】

2018年1月~3月期のサービス大業種のSC出退店ランキングを報告します。

この出退店ランキングは、この期間中にSCに出店もしくはSCから退店したブランドについて、出店数と退店数から差引出店数を算出し、その上位から20位までのブランドを表示したものです。ランキング方法や詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

英会話・英語教室小業種のブランド統合が進む

18年1月~3月期のサービス大業種のSC出店ランキングは図表1のようになりました。

1位にランクインしたのは、前四半期(17年10月~12月期)も1位だった“ベネッセの英語教室 BE studio”(差引出店数43店)となりました。前四半期にも触れていますが、このブランドは、株式会社ベネッセホールディングスの子会社、株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市)と、株式会社 ミネルヴァ インテリジェンス(本社:東京都新宿区)が、それぞれが運営する子ども向けの英語教室「Benesseこども英語教室」と「こども英会話のミネルヴァ」を、ブランド統合した新ブランドであることが発表されており、それに伴うブランド変更となっています。そのため、退店ランキング側でも、“こども英会話のミネルヴァ”(差引退店数33店)、“英会話のミネルヴァ”(差引退店数5店)、“ベネッセのEnglish Studio”(差引退店数5店)といった、関連があると推測されるブランドがランクインしています。

2位には総合リサイクルショップ・質店・買取専門店カフェ_小業種の“買取専門店 大吉”(差引出店数10店)がランクインしました。同ブランドは、前四半期(17年10月~12月期)も差引出店数7店で3位にランクインしており、2四半期連続して上位にランクインしています。

この四半期の出店ランキングで特徴的だったのは、3位にその他サービス_小業種の“スーモカウンター”(差引出店数8店)がランクインしたことです。同ブランドは、本稿執筆時点のSC GATEでは出店中のショッピングセンターは75施設に達しています。

また、同じ3位にはヨガ・太極拳・ピラティス_小業種の“ホットヨガスタジオLAVA”(差引出店数8店)がランクインしています。このブランドはランキングの公開が始まった前々四半期(17年7月~9月期)、前四半期(17年10月~12月期)も出店ランキングに、それぞれ差引出店数4店、5店でランクインしており、徐々に出店数を増加させている様子が伺えます。

一方、差引退店数の上位ブランドをリストアップした結果は図表2のとおりとなりました。

出店ランキング側で触れた“ベネッセの英語教室 BE studio”に関連する退店を除くと、2位にランクインした、衣料品リサイクル_業種の“東京古着 カウントダウンプライス”の差引退店数15店が最も大きな差引退店数となりました。ただ、このブランドは運営企業の株式会社ハグオール(千葉県船橋市)が、18年3月31日付で営業を終了し、一部店舗のみ株式会社アドバンス(東京都渋谷区)が運営を引き継ぐ旨、発表しています。

また、小業種別にみると、写真・写真館_小業種とトラベル_小業種のブランドが散見されています。

集計対象SC

  • 2018年3月末日までにSC GATEに登録されている
  • SC面積が1,500㎡以上である
  • 2016年4月~2018年3月末日の最大テナント数が10テナント未満ではない
  • SCタイプが「駅ビル」「地下街」「駅周辺・市街地」「郊外」「超大型施設」「アウトレット」「空港」に分類されている

【本稿はSC GATEの2018年4月末時点データを用いて作成しています】

SC GATEとSC GATEのデータについてはこちらをご覧ください

関連レポート

  • 前四半期のこの業種(飲食、サービス、アミューズメント)のランキングはこちら
SNSでフォローする