The Institute of SC Trend

勢いは肉、”いきなり!”に加え”やっぱり”も登場 - 【飲食大業種四半期SC出退店ランキング】

勢いは肉、”いきなり!”に加え”やっぱり”も登場 - 【飲食大業種四半期SC出退店ランキング】
0

2019年1月~3月期の飲食大業種のSC出店ランキングを報告します。

この出退店ランキングは、この期間中にショッピングセンターに出店、もしくはショッピングセンターから退店したブランドについて、出店数と退店数から差引出店数と差引退店数を算出し、その上位から20位までのブランドを表示したものです。ランキング方法や詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

なお、当四半期から、ランキング表のデザインを変更しています。

飲食大業種のSC出退店ランキング - 【2019年1月~3月期】

国内で通じる積極出店も海外では‥

2019年1月~3月期の飲食大業種のSC出店ランキングは図表1のとおりとなりました。

出店ランキングでは、“いきなり!ステーキ”が、差引出店数7で3回連続の1位となりました。

同ブランドを運営する株式会社ペッパーフードサービス(東京都墨田区)の発表では、当四半期の国内出店数は47(海外はなし)で、総店舗数は439となりました。2019年12月期も前年並みの210店の出店を計画しており、引き続き強気の出店が続く見通しです。
半面、懸念されるのが共食いによる既存店減収です。当四半期も売上高は37.9%増となったものの、セグメント利益は18.2%減。既存店減収と、店舗増に伴う経費増が響きました。今後もこの傾向が続くと、大量出店に見直しがかかる可能性も否定できません。

2位は差引出店数5の“鎌倉パスタ”、“天麩羅 えびのや”、“肉のヤマキ商店”で、前回2位の“Saizeriya”を1差で追い抜きました。
鎌倉パスタは、サンマルクホールディングス(3月期、岡山)が運営する主力業態の一つ。「強みであるパスタのメニュー開発に注力し、セットメニューなどの見直しにより改善を進め」(同社決算短信)、通期で8店を出店し、期末店舗数を207としたことから、下期集中出店だったことが分かります。

一時期『野菜が肉を超えた?』とみられたものの、今回のランキングでは、依然としてステーキ・ハンバーグ業種が堅調に出店していることが明らかになりました。
1位の“いきなり!ステーキ”以外にランキングしているのは“Pepper Lunch”と“いしがまやハンバーグ”、“やっぱりステーキ”の合計4ブランド。
“いしがまやハンバーグ”は、イズミ・フード・サービス株式会社によるフランチャイズ運営で、イズミの「ゆめタウン」に出店、展開エリアを広げたことになります。

ここから先は会員限定のコンテンツです。
下の新規登録ボタンから無料でご登録いただけます。
登録の手順はこちら

SNSでフォローする