The Institute of SC Trend

スイーツは『一本勝負』!! - 【食品大業種四半期SC出退店ランキング】

スイーツは「総合化」よりも「専門化」 - 【食品大業種四半期SC出退店ランキング】
0

2019年1月~3月期の食品大業種のSC出店ランキングを報告します。

この出退店ランキングは、この期間中にショッピングセンターに出店、もしくはショッピングセンターから退店したブランドについて、出店数と退店数から差引出店数と差引退店数を算出し、その上位から20位までのブランドを表示したものです。ランキング方法や詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

なお、当四半期から、ランキング表のデザインを変更しています。

食品大業種のSC出退店ランキング - 【2019年1月~3月期】

特定の食材に特化し、高品質な看板商品を打ち出せるかどうか

2019年1月~3月期の食品大業種のSC出店ランキングは図表1のとおりとなりました。

出店ランキングの1位は差引出店数6店で、株式会社オールハーツ・カンパニー(名古屋市中区)が運営するパティスリー“PINEDE”となりました。
同社は2004年1月に15坪の小さなパンショップ“ANTIQE”からスタートし、15年間で6ブランドを展開しています。
退店1位に“LOVE SWEETS ANTIQUE”があがっていますから、ブランドスイッチと考えられます。
同社の“Pastel”も出店数3でランキング2位でした。

2位以降に目を移すと、2位、5位はいずれもチョコレートを扱うブランドとなりました。
具体的には、2位が“GODIVA”(差引出店数3店)、5位が“Lindt Chocolat Café”、“リンツ ショコラ ブティック”(差引出店数2店)となっています。

当四半期の特徴として、上位20位のうち菓子が10ショップブランドを占めています。

ここから先は会員限定のコンテンツです。
下の新規登録ボタンから無料でご登録いただけます。
登録の手順はこちら

SNSでフォローする