The Institute of SC Trend

専門性が高まり始めた玩具 - 【スポーツ・ホビー大業種四半期SC出退店ランキング】

0

スポーツ・ホビー大業種のSC出退店ランキング - 【2018年1月~3月期】

2018年1月~3月期のスポーツ・ホビー大業種のSC出退店ランキングを報告します。

この出退店ランキングは、この期間中にSCに出店もしくはSCから退店したブランドについて、出店数と退店数から差引出店数を算出し、その上位から20位までのブランドを表示したものです。ランキング方法や詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

専門性が高まる玩具小業種

18年1月~3月期のスポーツ・ホビー大業種のSC出店ランキングは図表1のようになりました。

ランクインしたブランドを見ると、ランキング1位にはスポーツ用品_小業種の“BODYMAKER”が、差引出店数3店でランクインしました。このブランドは、前四半期(17年10月~12月期)の出店ランキングでも4位(差引出店数2店)にランクインしていたものが、この四半期に1位にランクアップしたものです。

2位には、同じスポーツ用品_小業種から“CORNERS SPORTSAUTHORITY”と、玩具_小業種から“シルバニアファミリー 森のお家”と“ガチャガチャの森”の3ブランドが、差引出店数2店でランクインしました。

2位に2ブランドがランクインした玩具_小業種は、この四半期の出店ランキングに10ブランドがランクインしており、前四半期に続き玩具_小業種の業種としての出店傾向が継続しています。ただ、出店しているブランドを前四半期と比較すると、この四半期は“シルバニアファミリー 森のお家”、“プラレールショップ”、“LEGO store”など、特定分野の商品を取り扱う専門性の高いショップが多くなっていることが伺えます。

退店ランキングでは、この四半期も“カメラのキタムラ”が、前々四半期(17年7月~9月期)、前四半期(17年10月~12月期)に続き、上位にランクインしており、退店傾向が長く続いています。

また、小業種別にみると、個々のブランドの差引退店数は小さいですが、クラフト(手芸)_小業種での退店が目立っています。

集計対象SC

  • 2018年3月末日までにSC GATEに登録されている
  • SC面積が1,500㎡以上である
  • 2016年4月~2018年3月末日の最大テナント数が10テナント未満ではない
  • SCタイプが「駅ナカ」「駅ビル」「地下街」「駅周辺・市街地」「郊外」「超大型施設」「アウトレット」「空港」に分類されている

【本稿はSC GATEの2018年4月末時点データを用いて作成しています】

SC GATEとSC GATEのデータについてはこちらをご覧ください

関連レポート

  • 前四半期のこの業種(インテリア・寝具・家電、スポーツ・ホビー、食品)のランキングはこちら
0
SNSでフォローする