The Institute of SC Trend

「野菜」が「肉」を超えた?! - 【飲食大業種四半期SC出退店ランキング】

 

2018年4月~6月期の飲食大業種のSC出退店ランキングを報告します。

この出退店ランキングは、この期間中にショッピングセンターに出店、もしくはショッピングセンターから退店したブランドについて、出店数と退店数から差引出店数、差引退店数を算出し、その上位から20位までのブランドを表示したものです。ランキング方法や詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

 

飲食大業種のSC出退店ランキング - 【2018年4月~6月期】

出店ランキングの1位が交代 / 退店ランキングの1位は変わらず

18年4月~6月期の飲食大業種のSC出店ランキングは図表1のようになりました。

1位には、「日本の野菜をおいしく食べる!」をキャッチフレーズに、国産野菜を使用した安全・安心な料理を前面に打ち出す“リンガーハット”が、差引出店数10店でランクインしました。同ブランドは、前四半期(記事はこちら)も差引出店数5店で4位にランクインしていました。なお、前四半期の出店ランキングで1位だった“いきなり!ステーキ”は、この四半期は6位差引出店数3店になっており、「野菜」が「肉」を超えたとも言えそうな結果となっています。

2位にはカフェ_小業種の“Starbucks Coffee”(差引出店数8店)がランクインしています。また、3位も同じカフェ_小業種の“サンマルクカフェ”(差引出店数6店)となっています。

この四半期の出店ランキングで特徴的なのは「手軽な」肉料理のブランドが多いことです。6位(差引出店数3店)には“肉のヤマキ商店”(丼もの・ごはんもの_小業種)と、“豚屋とん一”、“本場帯広 十勝豚丼専門店 㐂久好”(いずれも豚肉料理_小業種)、そして先ほど紹介した“いきなり!ステーキ”(ステーキ・ハンバーグ_小業種)の計4ブランドがランクインし、また、13位(差引出店数2店)にも“Denver Premium”(ステーキ・ハンバーグ_小業種)もランクインしています。これら5つのブランドの合計差引出店数は14店ですから、1位だけを見ると「『野菜』が『肉』を超えた」ように見えますが、引き続き「肉」の人気も根強いようです。

また、この四半期のランキングにはもう一つの特徴が伺えます。それは、同一運営企業のブランドが複数ランクインしている例が多いことです。

例えば、先ほど手軽な肉料理のブランドとして紹介した6位の“肉のヤマキ商店”は、株式会社トリドールホールディングス(兵庫県神戸市)が運営を始めた新業態店舗です。そして、今回ランク入りした20ブランドの中で、“豚屋とん一”(6位)、“丸亀製麺”(6位)も同社の運営となっています。
また、同じく手軽な肉料理で紹介した“本場帯広 十勝豚丼専門店 㐂久好”(6位)と“Denver Premium”(13位)も、株式会社アントワークス(東京都中野区)が運営しています。

 

一方、差引退店数の上位ブランドをリストアップした結果は図表2のとおりとなりました。

差引退店数が最も大きかったブランドは、パン・サンドイッチ・ベーグル・ベーカリー_小業種の“SUBWAY”(差引退店数7店)となりました。詳細は前四半期の報告(記事はこちら)にありますが、同ブランドはこの退店ランキング公開のスタートから4四半期間、すなわち1年間ずっと1位だったことになります。

退店ランキングにランクインした他のブランドを見ると、食品大業種では新旧のブランドが入り混じった様相を呈していた(記事はこちら)のに対し、飲食大業種では比較的古いブランドが多くランクインしている印象を受けます。

集計対象ショッピングセンター

  • 2018年6月末日までにSC GATEに登録されている
  • SC面積が1,500㎡以上である
  • 2016年7月~2018年6月末日の最大テナント数が10テナント未満ではない
  • SCタイプが「駅ナカ」「駅ビル」「地下街」「駅周辺・市街地」「郊外」「超大型施設」「アウトレット」「空港」に分類されている

【本稿はSC GATEの2018年7月末時点データを用いて作成しています】

SC GATEとSC GATEのデータについてはこちらをご覧ください

関連レポート

  • 前四半期のこの業種(飲食)のランキングはこちら
SNSでフォローする