The Institute of SC Trend

「SPA御三家」アイウェアブランドが出店ランキング上位に! - 【生活雑貨大業種四半期SC出退店ランキング】

「SPA御三家」アイウェアブランドが出店ランキング上位に! - 【生活雑貨大業種四半期SC出退店ランキング】
0

2019年1月~3月期の生活雑貨大業種のSC出店ランキングを報告します。

この出退店ランキングは、この期間中にショッピングセンターに出店、もしくはショッピングセンターから退店したブランドについて、出店数と退店数から差引出店数と差引退店数を算出し、その上位から20位までのブランドを表示したものです。ランキング方法や詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

なお、当四半期から、ランキング表のデザインを変更しています。

生活雑貨大業種のSC出退店ランキング - 【2019年1月~3月期】

競合ブランドの海外戦略と国内SC出店の差は?

2019年1月~3月期の生活雑貨大業種のSC出店ランキングは図表1のとおりとなりました。

出店ランキングの1位は差引出店数6店で、“eyecity”、“JINS”となりました。
3位以降に目を移すと、3位、8位、15位はいずれもコンタクト、眼鏡を扱うブランドとなりました。
具体的には、3位が“Zoff”(差引出店数5店)、8位が“OWNDAYS”(差引出店数4店)、15位が“中央コンタクト”、“meganeSUPER”、“OPTIQUE PARIS MIKI”(差引出店数2店)となっています。

このように上位10位内にアイウェア4ブランドが占め、ショッピングセンターにおけるアイウェアの位置づけが高まっていると言えます。
なお、“JINS”、“Zoff”の2ブランドの出店は、前四半期ランキングの5位(差引出店数4店)でした。

“JINS”店舗数は2018年8月末で510店舗(前期比13.5%増。海外、FC含む)、全社売上高は約548億円(前期比8.8%増)です。
2001年に製造小売業型眼鏡専門店の出店を開始し、2009年には、それまでの価格やサービスの常識を覆す「レンズの追加料金¥0」のビジネスモデルを導入。
2011年、視力補正を必要としない人もサポートする「機能性アイウエア」という新市場を創出、20年も経たぬ間に業界の景色を変えました。

ここから先は会員限定のコンテンツです。
下の新規登録ボタンから無料でご登録いただけます。
登録の手順はこちら

SNSでフォローする