The Institute of SC Trend

見たことない業種がショッピングセンターに! - 【インテリア・寝具・家電大業種四半期SC出退店ランキング】

0

2018年7月~9月期のインテリア・寝具・家電大業種のSC出店ランキングを報告します。

この出退店ランキングは、この期間中にショッピングセンターに出店、もしくはショッピングセンターから退店したブランドについて、出店数と退店数から差引出店数を算出し、その上位から20位までのブランドを表示したものです。ランキング方法や詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

インテリア・寝具・家電大業種のSC出退店ランキング - 【2018年7月~9月期】

出店ランキングに“見慣れない商品”を扱うブランドがランクイン

2018年7月~9月期のインテリア・寝具・家電大業種のSC出店ランキングは図表1のとおりとなりました。

出店ランキングでは、インテリア雑貨小業種の“ニトリ・デコホーム”、寝具小業種の“じぶんまくら”とインテリア小業種の“Yogibo”が、いずれも差引出店数3店で1位となりました。1位となった3つのブランドは、いずれのブランドもこれまでの出店ランキングに何度かランクインしている常連ともいえるブランドとなっています。ただ、同じ差引出店数が3店といっても、これらの3ブランドはそれぞれ動きが少し異なるようです。

インテリア雑貨小業種の“ニトリ・デコホーム”は、自らを「一番近くのホームファッション・ストア」と称し、「いつも行く場所にあって、毎日立ち寄れる!」ことを目指しています。そういった背景もあって、過去の出店ランキングを見ると、常にというわけではありませんが、継続的に出店ランキングに登場しており、安定した出店傾向を保っていると言えそうです。

一方、寝具小業種の“じぶんまくら”は、先のブランドと同様、ブランドととしては安定した出店傾向を見せていますが、このブランドを運営する株式会社タナカふとんサービス(愛知県一宮市)が運営するブランド“SleepING Factory”が、退店ランキング側でも同時に見られていることから、ブランドの統合や切り替えといった出店の可能性が伺えます。

最後のインテリア小業種の“Yogibo”については、差引出店3店の内訳は、出店数7店と退店数4店となっており、過去の記事でも触れていますが、いわゆる短期間出店という出店戦略を採用している可能性があります。

また、今回の出店ランキングでは、これまでショッピングセンターでは、あまり見かけなかった商品を取り扱うブランドの“三条たたみ”が、差引出店数2店で4位にランクインしています。このブランドは、株式会社TTNコーポレーション(兵庫県伊丹市)が、24時間稼働といったサービスでの差別化や、「三条たたみ」のブランド化による下請けからの脱却など、「町の畳屋」からの脱却を目指しており、その一環としてショッピングセンターへの出店をスタートさせたものと考えられます。

退店ランキング(図表2)に視点を移すと、退店ランキングの1位はインテリア雑貨小業種の“ローラ アシュレイ ホーム”(差引退店数3店)となりました。

このブランドは、この四半期のファッション業種のランキング(記事はこちら)やファッション雑貨業種のランキング(記事はこちら)でも触れているように、イオングループ傘下企業の戦略的統廃合によるローラ アシュレイ ジャパン株式会社(東京都渋谷区)の全店舗閉店によるものとなっています。

この四半期の退店ランキングでは、出店ランキング側でブランド変更などではないかと指摘した株式会社タナカふとんサービス(愛知県一宮市)が運営する“SleepING Factory”も含め、3四半期前のランキング(記事はこちら)で懸念材料として指摘していた寝具小業種の5ブランドがランクインしています。

集計対象ショッピングセンター

  • 2018年9月末日までにSC GATEに登録されている
  • SC面積が1,500㎡以上である
  • 2016年10月~2018年9月末日の最大テナント数が10テナント未満ではない
  • SCタイプが「駅ナカ」「駅ビル」「地下街」「駅周辺・市街地」「郊外」「超大型施設」「アウトレット」「空港」に分類されている

【本稿はSC GATEの2018年10月末時点データを用いて作成しています】

SC GATEとSC GATEのデータについてはこちらをご覧ください

関連レポート

  • 前四半期のこの業種(インテリア・寝具・家電)のランキングはこちら
0